クラミジア 検査

クラジミアについて

「あなたはクラミジアという病気を知っていますか?」
このように質問されて答えられる人は少ないです。

 

では、『クラジミア』とはどのような病気なのか?この記事は、このような疑問を解決するための記事です。
クラヒミアとは、クラミジア・トラコマチスという病原微生物が、性行為によって感染する病気の事です。

 

クラジミアによる尿道炎や子宮頸官炎(しきゅうけいかんえん)は、症状が軽いのが特徴で、知らずに感染したり、また、相手に感染させたりします。症状は男女によって違いがあります。

 

男性では、尿道炎、精巣上体炎、精管炎、前立腺炎、咽頭(いんとう)炎、直腸、肛門炎を起こします。
どの状態も軽度の違和感程度しかないのが特徴です。症状がでないケースも多々あります。

 

女性では、子宮頸官炎、子宮内膜炎、卵管炎、子宮付属器炎、骨盤腹膜炎、肝周囲炎があります。
子宮頸官炎の約半数は自覚症状がなく、治療を受けない人がいます。
特に女性の場合は、クラミジアに感染する確率が高く、自覚症状がないことがあるので、気になるかたはすぐに検査を受けましょう。

 

しかし、感染が進行すると不妊症になります。さらに感染が進むと激しい下腹部痛あるいは上腹部痛が起こります。

 

では、この病気にならないように予防法と日常生活の注意を説明します。
予防法としては、性行為の際にコンドームを使用する事です。しかし、口腔(こうくう)性交でも感染もありますので、注意が必要です。

 

日常生活の注意としては、症状が軽く、感染しているかどうか分からないため、治療してもクラミジアを除菌できたのを実感できませんので、医者に相談して、確認をする必要があります。

 

クラミジアかなと心辺りがある方は、必ず検査を受けましょう。
今では自宅で検査できる性病検査キットがあるので、病院に行く時間が無い方はぜひお試し下さい。